« 人権侵害の様相 | トップページ | 荒らし回る「宣教師」 »

2009年12月 4日 (金)

途方もない韓国人

 韓国のカルト教会から、多数の自称「宣教師」や「牧師」が日本に流入している。彼らがよくやる「悪霊追い出し」は、対象とされる人の精神や言動に問題があるとか、悪人であると決めつけていることになるので、人権蹂躙・名誉侵害にあたる。
 自分にとって都合の悪い相手を、礼拝の司会や説教の機会を利用して、「悪霊追い出し」にかこつけて非難・罵倒・攻撃したりするのも、彼ら韓国人「牧師」たちの卑劣な常套手段である。彼らのようなものが講壇に立つのを許してはならない。

 何度も言うように、教会は聖なる場所、礼拝は聖なる集い、講壇は聖なる場所である。説教は、「牧師」個人が立場を濫用して自分の腹を語べき場所ではない。神の言葉を語るべき聖なる機会を、喧嘩闘争に利用するとは冒瀆であり言語道断である。
 そのような現場に出くわした場合には、被害に遭った当人であると否とを問わず、その場で携帯電話で外部の人権機関や官公署、カルト対策専門家などに連絡すべきであるが、地理的条件や建物の構造などで電話の電波が通じないとそうもいかない。

 逆を言えば、異常なことを行っている韓国系の「教会」や自称「牧師」「宣教師」は、そうした電波が通じないような社会から隔絶された特殊な空間でないと、「教会」を営めないのである。電波が通じる場所ではすぐ通報されてしまい成り立たない。
 韓国人牧師らが、信者の意思を無視して身体的に拘束し、強引に「悪霊追い出し」を行う場合もあるという。本人または、保護者がいる場合は保護者の同意なくしての「悪霊追い出し」は、名誉毀損と身体的暴行の両面から明らかな人権侵害である。

 また、「悪霊追い出し」と称することを行った場合、実際に悪霊が出て行かなければならないが、そういう現象が起こらないなら、その相手に悪霊が入っていなかったということであり、偽預言者として牧師職を剥奪され教会を追放されるべきである。
 いつだったか忘れたが、どこか遠くのほうの教会で、信徒を数人で無理やり拘束してそれを行おうとし、それを逃れた信者に110番通報され、到着した巡査たちを前にその信者と大声で怒鳴りあった、公序良俗に反する途方もない韓国人「牧師」がいた。

 韓国の大教団から「派遣」されてきた自称「牧師」「宣教師」には、品性のかけらもない武闘派の人間が多い。喧嘩になると、相手を「お前」と呼び、コネと権力を利用・濫用し、暗闇の陰謀に属するあらゆる汚い手を使って陥れ追い落とそうとする。
 そういう人間は、教義的にも異端の説教をすることが多く、また相談機密も守らず、信徒について風評を流して名誉を傷つける。また、自分のそのような行いに内部告発の手が入り始めると、真相を闇に葬ろうと、全力をもってそれを潰しにかかる。

« 人権侵害の様相 | トップページ | 荒らし回る「宣教師」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人権侵害の様相 | トップページ | 荒らし回る「宣教師」 »

無料ブログはココログ