« 同胞を救い出す | トップページ | 被害者救済活動 »

2009年12月25日 (金)

反カルト啓蒙運動

 近年、韓国カルト教会の「牧師」による、信徒や献身者へのパワハラ、精神的虐待などが表面化し問題になっている。韓国人カルト牧師らには、弱者を虐待することによっておのれの勢力を誇示したり、権威を確立しようとする習性があるようである。
 彼らは福音宣教者であることをやめ、自ら進んで支配者階層に身をおき、組織運営、勢力拡大、権力掌握に走っている。彼らの経営する「教会」も「神学校」も、また「リバイバル」の掛け声も虚しい。それらは全て、彼ら自身の権力のためである。

 彼らのように自分の名誉欲と権力意識のために弱者を迫害し、独裁支配組織を作りあげることは福音の対極にあるカルト思想である。韓国カルト権力者たちに問いたい。あなたがたは日本に何をしに来たのか、どうして早く自国に帰らないのか、と。
 今日、韓国カルト教会によって、多くの日本人信者、献身者たちが心に深い傷を受け、涙を流している。この由々しき事態に対して、私たちはルカ4章18節以降を自分に当てはめ、公義を望まれる主イエスの心をもって対抗していかなければならない。

 韓国人の自称「牧師」「宣教師」たちの多くは、自らの組織を拡大し権力を増強していくことしか考えていないようである。そのようなことだから、すぐに弱者を切り捨てて何の良心の呵責も感じない。彼らにとって教会とは学閥政治の場にすぎない。
 彼らは自分たちのために教師を寄せ集めてディプロマ・ミルを設立し、湯名人や献身者を集めて支配下に置き、自ら権力の座について彼らを独裁支配したうえ、日本の社会を牛耳ろうとするであろう。このようなことを見過しにしておくべきではない。

 韓国人の自称「牧師」たちは、何が正しいかよりも、何が自分の利益になるかだけを行動基準として動いているようである。まるでニーチェ主義者のような「無神論」ぶりだ。彼らはそのようにして、自分の権益に合わないものは冷酷に切り捨てていく。
 韓国人「牧師」と関わり合う場合には、そのようなことも計算に入れて、いざというときに対抗できるように備えるとともに、必要以上に信頼などしないことが重要である。純粋なお人好しは韓国教会では食い物にされて潰され捨てられるだけである。

 しかし、韓国カルト牧師も強権主義や反日感情、階級差別意識が強過ぎて、自分に都合の悪い日本人信徒や献身者らに対して教会の地下室などで「悪霊追い出し」を乱発し、一部は地上に逃げ出されて携帯で110番通報されたりもしているようである。
 われわれ異端撲滅委員会は、韓国カルト教会のそうした不祥事を、もっと積極的に暴いてゆくべく努力している。そのことによって被害者の名誉を回復し、また傷を癒すとともに、これからの被害を未然に防ぐための啓発ともなることを望んでいる。

« 同胞を救い出す | トップページ | 被害者救済活動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 同胞を救い出す | トップページ | 被害者救済活動 »

無料ブログはココログ