« 途方もない韓国人 | トップページ | パワーハラスメント »

2009年12月 8日 (火)

荒らし回る「宣教師」

 キリスト教会にも、さまざまな教派が存在する。韓国から来た単立の教会・牧師らも、互いに寄り集まって集団を形成している。彼ら自身が他者を批判するときに多用する言葉でいえば、「目立つために」「自分の栄光を求めて」活動しているわけである。
 彼らは「無党派の党派」を形成しているわけであるが、それでいて彼らの中にも派閥がある。聖書から取られた「私と共に集めない者は散らす者です」のキャッチフレーズさながら、排他的な権力闘争に明け暮れ、四分五裂、支離滅裂の様相を呈している。

 彼らは自分の教勢の拡大と教団の形成の野望、また自らが権力と支配の座につくために、聖書が警告するところの「自分たちのために教師を寄せ集める」ことをしている。また、日本国内を渡り歩く同じ韓国の大教会の「宣教師」を召し抱えてコネにもする。
 どこか遠くのほうの教会のことであるが、そのような「宣教師」の一人たるや、かつて一緒に働いていた日本人の若い協力牧師が自殺したり、また、信者に向かって「悪霊追い出し」をしようとして逃げられ110番されたり、その他問題を起こし続けている。

 「宣教師」であると自称するなら、自分で教会堂を構えて開拓するべきであろうに、なぜか日本国内の既存の教会を渡り歩いて信徒や同労者を傷つけたり、教会を分裂させたりと、思う存分に荒らし回っている。盗んだり殺したり滅ぼしたりする狼である。
 彼らに訊きたいものだが、そうまでして自分が権力の座について人を支配したく、また組織を拡大したいのであろうか。彼らは韓国から来ているようだが、日本人と日本のキリスト教界を「支配」しに来ているのか、それとも福音宣教をしに来ているのか。
 
 彼らは、これも彼ら自身が人を攻撃する常套句でいえば「霊と誠をもってする礼拝者ではなく」、「真の神様を礼拝していない」ので、当然のことながら「神様」にも、また日本社会でも認められず、カルト活動ののち消滅してしまう。虚しいことである。
 また、こうした韓国人の自称「宣教師」たちは途方もなく口が悪く、このブログの比ではない。また、説教や司会で当てつけを言ったり、教会内で突然大声を出しはじめ、他の教会や牧師の悪口雑言や、日本人信者の風評を傷つけることを非常に好む。

 彼らは、「今が千年王国」であるという聖書解釈をしているが、これは異端である。この誤った神学に基づき、彼らは福音を伝えるよりも「支配する」ことに重点を置いているので、その権威主義が日本人を傷つけ、重大な軋轢を生み出しているのである。
 彼らは教会と信者を支配しようとし、自分に従わない者・都合の悪い者を悪人であると決め付ける。宗教団体という閉ざされた空間であることを利用して圧力をかけ、離間工作をしたりする。こうした武闘派の「宣教師」がいる場所には近づかないほうがいい。

« 途方もない韓国人 | トップページ | パワーハラスメント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 途方もない韓国人 | トップページ | パワーハラスメント »

無料ブログはココログ